違約金とは

賃貸マンションを借りる時には、何ヶ月は絶対に借りるという契約をすることになります。
たいていは2年間で、その間は解約をすると、違約金を支払うことになります。
違約金とは契約違反をした時のペナルティです。
そのことを契約書を交わすことになります。
その違約金は、家賃の3ヶ月分までとなっています。

例えば、賃貸マンションとの契約で、2年間住む場合、数日で退去になった場合でも、3ヶ月分の違約金は必要です。
ただし、1年間住んだ場合は、2ヶ月分の違約金になることが多いようです。
一部、違約金1ヶ月分と明記されている賃貸マンションもありますが、珍しい存在です。

ただし、2年間の契約のあとの更新で家賃の値上がりがあった場合、それを不服として、退去する場合には、違約金はないとされています。
また、支払う必要はないようです。

いずれにしても、2年間の契約というのは、その間の家賃収入が保証されることになります。
途中退去は大損になるばかりではなく、その後にすぐ入居者が入るとも限らないため、違約金の存在が大きいとされています。
契約書を取り交わすことで、取引を行うことになります。

違約金の支払いがどうというのではなく、とりあえず2年間、更新時期までの間はそのままでいられるようにすることが大切です。
しかし、どうしても退去しなければならない時もありますが、深刻な理由があったとしても、違約金が免除されることは決してありませんので注意してください。



◆推奨リンク
海外赴任などで空き室になる自宅マンションを貸す不動産を見積もりできるサイトです → → マンションを貸す 不動産